市立豊中病院 医師・臨床研修医募集サイト

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

臨床研修医募集

よくある質問

研修の実際について

質問: 研修中に受け持つのは何人ぐらいですか?
回答: 科によって違いますが、10名以内です。研修の後半になって慣れてくるほど担当患者さんは多くなる傾向にあります。外科では1年目は指導医、専攻医のもとで副担当医となります。その他の科では主治医である指導医のもとで担当医として診療します。
質問: 指導医は1対1ですか?
回答: 豊中病院では研修医・専攻医が直接の担当医になる場合は、指導医が主治医としてつきますので、患者さんごとに2人担当医で診療にあたります。常に連絡をとりあって指導を受けながら診療をすすめますが、患者さんと接するのが一番多いのは担当医である研修医です。一定期間に症例を多く経験するために、同時期に担当する患者さんごとに指導医が異なるということはあります。

研修プログラムについて

質問: 一年目の内科必修期間では消化器+神経、循環器+呼吸器、内分泌+腎臓+神経+血液をまわるとされていますが、これらの全てをまわるのでしょうか?それともその中のどれかをまわるのでしょうか?
回答: 一年目に、必須プログラムとして、内科6ヶ月間(各2ヶ月×3)、各専門内科をローテートします。具体的には、2ヶ月ごとに、主ローテート先+副ローテート先の組み合わせで、プログラムが決められています(たとえば、消化器+神経、血液+内分泌・腎臓、循環器+呼吸器などそれぞれ2ヶ月ずつ、計6ヶ月間)。研修内容は、主ローテート先の診療科の症例を主に経験します。副の診療科については、期間内に1~2症例を日々受け持っているように症例を経験し、副の診療科のカンファレンス等にも参加します。この1年目の内科研修期間に、十分に希望する内科疾患を経験することができなかった場合は、2年目の選択6ヶ月の期間に、希望の専門内科を選択し、ローテートすることができます。
質問: 地域医療の研修では診療所をまわることはできますか?
回答: 地域医療の研修は1ヶ月間に保健所・介護施設・複数の地域診療所を研修していただきます。診療所については、市内でそれぞれ特色のある13ヶ所の施設にご協力いただいております。
質問: 研修開始前にプレコース(ACLS など)のようなものはあるのでしょうか?
回答: 4月開始後の2週間程度でオリエンテーションと実習(救急外来やシャドーイング)からなるイントロコースがあります。研修開始前(3月)には行いません。イントロコース中も有給です。

研修環境について

質問: 研修医の机はありますか?
回答: 医局とは独立した研修医室があり、各人の机とロッカーが備えられています。この部屋では研修医同士で自由にいろいろな話ができ、和気あいあいとした雰囲気です。
質問: 車で通勤したいのですが。
回答: 病院近辺の駐車場を探していただくことになります。職員用の駐車場でも自己負担額はさほど変わりません。
質問: 2年間の研修が終わった後はどうなりますか?
回答: 2年間の臨床研修を修了された後は、2018年度から新たに始まった専門医制度に則り、各領域の専門研修プログラムに登録して専門医取得をめざします。臨床研修で身につけられた幅広いジェネラルのすそ野の上に、より高いレベルのスペシャリティを築くことになります。専門医はすべての医師が取得しなければならないものではありませんが、医師として自らの専門領域の知識や技術を高めることは、誇りであり、また、励みでもあります。
2018年3月に当院の臨床研修プログラムを修了した10人の研修医のうち9人は当院が関連する専門研修プログラムに登録し、そのうち8人が現在当院で研修を行っています。また昨年までも当院で臨床研修を終えた研修医の7~8割の研修医が当院で後期研修を受けています。

当直について

質問: 夜間の救急はありますか?
回答: 1年次は各時間帯1名ずつ副当直として救急当直(内科・外科)の補助に入っていただきます。時間は夜間を中心に3時間ほどで、週に1度ほどの頻度になります。ある程度習熟すれば、上級医の指導のもとに救急業務の一部を行います。
2年次からは指導医と連絡をとりながら救急当直(内科・外科)を担当します。産婦人科・循環器内科・神経内科・脳神経外科のローテート中は、上級医と専門当直の業務を行います。小児科研修中は、救急車対応と豊能広域こども急病センターの後送病院としての小児救急業務に従事していただきます。研修開始から約1ヶ月半は上級医と共に、その指導のもとで小児救急を研修していただきます。研修2ヵ月目の後半からは、NICU当直医の助言のもと、単独で小児救急を担当していただきます。
質問: 救急の件数はどれぐらいですか?
回答: 年間約2万件で、そのうち救急車搬送は約5千件、紹介が約2千件、入院になるのは約4千件です。特に夕方から日付が変わる頃、土日の昼間は受診患者数が多く、担当者は休む間もなく働いています。二次救急症例が中心ですが、一次救急症例も多数受け入れています。
豊能2次医療圏では小児の1次救急が豊能広域こども急病センターに集約されており、当院はその後送病院として、輪番制で小児の2次救急に従事しています。質・量ともに十分な小児救急の研修が可能です。

応募手続きについて

質問: 研修申込書がダウンロードできません。
回答: 「連絡先」までご請求いただければ郵送いたします。
質問: 履歴書にはどんなことを書けばよいですか?
回答: 特に決まっていません。型どおりのものでも結構ですし、自分をアピールできることがあれば十分書いていただければと思います。面接時に拝見しています。

病院見学について

質問: 見学しないで応募することはできますか?
回答: 可能です。見学は応募の要件ではありませんし、評価の対象でもありません。しかし、ご自身が2年間勤務することができそうか検討していただくためにも、見学は推奨しております。

→病院見学会・説明会についてはこちら

選考方法について

質問: 「実技試験」とはどのようなものですか?
回答: 当院の選抜試験では学力試験は行わずに、臨床医として重要な資質をみるために医療面接を行います。模擬患者を相手に、あなた自身が病に苦しんでいる時に出会いたい医師に3分間なってみせて下さい。
質問: 選抜試験のマッチング順位決定に優遇される条件はありますか?
回答: 順位決定は臨床研修委員会のオープンな場で行いますので、特定の立場からの偏った判断が入ることはありません。また応募者は出身大学、性別、年齢、国籍などの背景によって優遇されることはありません。
ページの先頭へ移動