部門・チーム紹介

薬剤部

薬剤部 | 採用医薬品リスト | 吸入指導報告書 | 吸入薬説明資材 | 経口抗がん剤の説明 | 手術・検査前に注意する医薬品 | 薬袋の説明 | 処方せんについて | 【豆知識】お薬手帳はあなたの『お守り』です

薬剤部は医薬品を専門に取り扱う部門として、患者様が安全且つ適正な薬物治療を受けられるように、24時間、365日体制で調剤室、注射室、製剤室、治験薬管理室、医薬品情報管理室、薬品管理室、病棟薬剤管理室の7室で業務を分担し、また連携をとって業務を行っています。
業務内容は、内服薬や外用薬、注射薬の調剤を中心として、高カロリー輸液(TPN)製剤や抗がん剤、院内製剤等の調製、院内に在庫する医薬品の発注・供給等の医薬品管理、医薬品情報の収集・管理・提供等の医薬品情報管理、入院患者様に対する服薬説明をはじめとした薬剤管理指導、薬物血中濃度モニタリング、治験薬の供給・管理などで、これらの医薬品に関する業務について、薬剤師が患者様の安全を第一に考え、医薬品による治療が有効に且つ適正に行われるように、業務の充実を図っています。
さらに感染制御チームや栄養サポートチーム、緩和ケアチーム等の一員として、また糖尿病センターや化学療法センター、心臓病センターなどにおいてもチーム医療の一員として活躍しています。以下に各室、チーム医療での主な業務をご紹介します。

薬剤部内各室の業務

調剤室

調剤室

主に入院患者様の内服薬や外用薬の調剤を行っています。
医師の処方にもとづき、調剤機器を使用して服用時間ごとに飲むお薬を1袋にまとめたり(一包化)、小児や錠剤、カプセル剤を服用できない患者様には薬剤を粉砕して粉薬にしたり、患者様の状態に合わせた調剤を行っています。
患者様が安心して『お薬』を服用・使用できるよう、各種コンピュータシステムを駆使して安全で迅速な調剤を行っています。

薬剤カウンター

他に、薬剤カウンターでのお薬相談、各種検査薬の説明、手術前中止薬の鑑別などを行っています。
また、外来患者様には、原則院外処方せんを発行しており、地域の保険調剤薬局の薬剤師が調剤を行っています。調剤薬局とは情報共有や勉強会等により、地域連携を図っています。

注射室

注射薬は、調剤室と同様に各種コンピュータシステムやバーコードを利用して様々な安全確認を行っています。電子カルテシステムから1日分ずつ処方内容を薬剤部門システムに送り、患者様ごとに1回使用分ずつの調剤を行っています。

注射室

製剤室

入院・外来抗がん剤や高カロリー輸液の無菌調製を行っています。また消毒剤や特殊な軟膏、外用液剤などの調製を院内製剤として行っています。
製剤室

入院・外来化学療法の無菌調製業務

外来化学療法室および入院中に化学療法を受けられる患者様の抗がん剤の点滴の準備、調製の流れをご紹介します。

【1】レジメンチェック

レジメンとは、投与する薬剤の種類や用法・用量、期間を明記した治療計画の事です。

レジメンチェックの様子

事前に医師が入力した処方内容について、薬剤師がレジメンチェックを行い、抗がん剤の種類、用法・用量、投与間隔や副作用軽減のために支持療法を含めた内容の確認を行います。

支持療法とは、がんそのものに伴う症状や治療による副作用に対しての予防策、症状を軽減させるための治療の事です。

【2】調剤
注射薬のバーコードの読み取りの様子

処方せんをもとに抗がん剤や吐き気止めなどの取り揃えを行います。調剤の際には、注射薬ひとつひとつに付いているバーコードをすべて専用の機器で読み取って間違いの防止に努めています。こうして薬の準備や確認が終われば、別の薬剤師がもう一度全部を確認します(ダブルチェックの実施)。

間違いがある場合

間違いがある場合のエラーメッセージ例

画面にエラーメッセージが表示され、作業が中断されます。正しいバーコードを読み取らせないと調剤を完了することができません。

【3】調製(混合)
調製(混合)の様子

治療当日、医師が投与決定した患者様の処方について、患者様それぞれに合わせた抗がん剤の混合調製を外来処方は3階の外来化学療法室内、入院処方は地下1階薬剤部調製室内の専用の設備(安全キャビネット)・機器を使用し、無菌操作で行っています。調製の際は、処方せんどおりに抗がん剤が正しく秤量できているかを、点滴バッグ内に抗がん剤を混合する前に別の薬剤師が確認します(ダブルチェックの実施)。

【4】最終確認(鑑査)
最終確認(鑑査)の様子

調製(混合)の終わった抗がん剤は、処方せんどおりに正しく調製されているか、点滴バッグの中に異物の混入はないか、点滴ラベルは正しいかなど、さらに調製者・確認者以外の薬剤師が最終確認を行います(ダブルチェックの実施)。

【5】搬送
搬送の際のラベルのバーコード読み取りの様子

外来処方は外来化学療法室、入院処方は患者様がいらっしゃる病棟まで、抗がん剤専用のトレイにセットして搬送します。その際にも、ラベルのバーコードを専用の機器で読み取って間違いの防止に努めています。

このような流れで抗がん剤の点滴が完成しています。
安心して抗がん剤治療をお受け下さい。

高カロリー輸液の無菌調製業務

高カロリー輸液製剤の点滴は12~24時間と長時間にわたります。そのため、細菌やほこり等の異物が混入しないよう衛生的に調製する必要があります。そこで、ほこりや細菌が極めて少ない無菌室と呼ばれる室内のクリーンベンチと呼ばれる設備の中で、無菌的に調製を行っています

治験薬管理室

治験を実施するにあたって、治験コーディネーターと協力し院内での実施が円滑に行うことができるように、治験事務手続き、実施準備、処方せんや治験薬の保管管理等を行っています。

薬品管理室

病院内で使用される医薬品の購入と供給・管理を行っている部署です。薬品卸売販売業者から医薬品を購入し、適正な在庫管理・品質管理を行い、病院内の需要に対して医薬品を迅速に供給します。万一、メーカーから品質に関して自主回収などの報告があった場合は、速やかに回収・他部署への連絡等を行っています。医薬品は使用期限の短いものや、保管条件の厳しいもの(光や温度、湿度など)、法的に保管方法が定められているものなどきめ細かい保管管理が必要です。また、経済的にも無駄な在庫を極力なくす努力も行っています。

薬品管理室

医薬品情報管理室

医薬品情報管理室医薬品に関する情報を収集・保管し、迅速に提供しています。情報提供の方法は、患者様には服薬説明(文書)として、院内スタッフにはDIニュースや院内ホームページなどオンラインで迅速に情報提供を行っています。

病棟薬剤管理室

入院患者様が薬物療法を安心して受けることができるように、病棟毎に専任の病棟薬剤師が配置され、医薬品の情報提供や管理を行っています。

病棟薬剤管理業務病棟薬剤管理業務
病棟薬剤師は、入院時に持参される薬について医薬品名や薬効を調べ、副作用歴、アレルギー歴を確認しています。また、入院中に投与される薬の投与量や他の薬との相互作用を確認し、医師・看護師へ情報提供を行い、治療に協力しています。

薬剤管理指導業務薬剤管理指導業務
服薬が開始される薬について、患者様が安心して治療を受けることができるように、服薬前に説明を行います。服薬後は副作用チェックを行い、安全に治療が行えるように努め、随時、患者様からの質問にもお答えしています。

医薬品管理医薬品管理
病棟や外来各診療科に配置されている医薬品が適切に保管・管理されるように点検を実施しています。

チーム医療

糖尿病センターにおける糖尿病教室や、心臓病リハビリセンターにおける心臓病教室で薬剤師が医師や看護師等とともに、チーム医療の一員として、患者様のサポートを担っています。

糖尿病教室・心臓病教室

病棟では感染制御チームや栄養サポートチーム、緩和ケアチーム、褥瘡対策チームの一員として活動しています。又、病棟でのカンファレンスやキャンサーボードにも参加しています。

がん患者指導

当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けています。緩和ケアセンターや化学療法センターに専任の薬剤師を配置し、医師、看護師と協働して、患者様のケアに当たっています。
平成26年度4月から、オピオイドの投与を受けている患者様、平成26年5月から化学療法センターで治療を受けている患者様に薬剤師が薬の説明をしています。
薬の投与を受けられる際に、どのようなスケジュールで投与するのか、いつ、どのような副作用がおこるおそれがあるのか、薬の飲み合わせは大丈夫か、薬の飲み忘れを防ぐためにはどうしたらよいか等を個別にご説明しています。特にこれらのお薬は、患者様ご自身が薬のことをよく知った上で治療をうけられることが大切になります。

教育・研修について

学生実務実習の受け入れ

学生実務実習の受け入れ薬学部学生の早期体験実習(1回生)、長期実務実習(5回生)を受け入れています。長期実務実習は1期4名、年間3回計12名を受け入れています。講義や実習を通じて、実際の医療現場で病院薬剤師業務を学んでいます。

専門・認定薬剤師の構成

  • 日本医療薬学会 指導薬剤師
  • 日本医療薬学会 認定薬剤師
  • 日本医療薬学会 がん専門薬剤師
  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師
  • 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師
  • 日本糖尿病学会 糖尿病療養指導士
  • 日本静脈経腸栄養学会 NST専門療法士
  • 日本薬剤師研修センター 実務実習指導薬剤師
  • 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師
  • 日本医療情報学会 医療情報技師      他
ページの先頭へ移動