部門・チーム紹介

看護部 - 施設

看護部長あいさつ | 看護部概要 | 各委員会 | 施設 | 保育所 | リフレッシュ

(募集サイト)専門・認定看護師 | 継続教育 | 研修計画-公開研修

一般病棟

一般病棟の患者様の入院されるお部屋は、4人部屋と個室があります。4人部屋には部屋ごとにトイレと洗面所がそれぞれについております。それぞれのベッドには、上体や足元を上げたり下げたり操作できるベッドコントローラーがついています。そして収納庫、テレビ、冷蔵庫が備え付けられています(テレビ、冷蔵庫はプリペイドカードを購入していただきます)。個室は特別室A特別室B個室と3タイプあります。ナースステーションはオープンカウンターになっていて、患者様と医療従事者とのコミュニュケーションがとりやすい設計になっています。

専門部門

リハビリテーション病棟

3階北病棟は、リハビリテーション科の患者さんが入院しています。医療ソーシャルワーカー・理学療法士・作業療法士・言語療法士と協働して、効果的なリハビリテーション指導を実施しています。1人でも多くの患者様が在宅で過ごして頂けるよう抑制ゼロ・寝たきりゼロを目指し、車椅子に座りナースステーションで遊ビリテーションを行っています。患者さんも看護師も明るく笑顔の絶えない病棟を目標に、日々頑張っています。

院内クリスマス会の様子

リハビリテーション病棟

リハビリテーション病棟

集学治療病棟

クリーンルーム8階南病棟は45床のうち無菌室8床を持ち、血液内科、外科、婦人科、泌尿器科、耳鼻いんこう科、呼吸器内科の患者様が入院しておられます。初めて入院される方から、入退院を続けながら化学療法・放射線療法を中心とした集学治療を受けられており、私達は、常に患者・家族の思いに寄り添い、ニーズにあったケアを提供し、心安らぐ入院生活を送っていただけるように心掛けています。患者・家族だけでなく、コメディカル・スタッフ間でもお互いに声をかけ合いながら楽しく仕事をしています。

小児病棟

小児病棟中学生までの全ての科の児が入院します。殆どが緊急で短期の入院ですが、成長発達過程での遊びを取り入れ、夏祭りやクリスマス会など季節に応じた行事を保育士とともに提供しています。学童期で長期入院を要する場合は、院内学級を利用し学校生活が継続できるように努めています。患児・家族との話し合いや医師・コメディカルとのカンファレンスを積極的に行い、患児・家族の個々に応じた看護を提供しています。
また、保健所、子育て支援センター、訪問看護ステーション、子供家庭センター、保育所等と連携し被虐待児の早期発見と虐待防止に向けた支援をしています。

地域周産期母子医療センター

平成19年11月より地域周産期母子医療センターを取得し、内科的基礎疾患を持つ妊婦やハイリスク妊婦に対し高度な医療ケアを行なっています。

産科病棟では、母児共に安全に分娩ができ、より良い親子関係を作ることを目的にしています。妊娠中には、助産師相談外来やほのぼのママ教室(母親教室)、妊娠22週以降のローリスク妊婦の方を対象に助産師外来を行っています。入院中は、夫立会い出産やカンガルーケア・母児同室などを行い、家庭での生活が少しでもスムーズに行くようにサポートしています。退院後は、担当助産師による電話訪問や1ヶ月健診・授乳相談外来などで育児相談を行っています。平成21年10月からは院内助産を開設しました。

NICU(新生児集中治療室)・GCU(継続保育室)病棟では、小さな赤ちゃんはもちろん、正期産で産まれても何らかの治療が必要な赤ちゃんも入院しています。赤ちゃんの出すサインを読み取って安全な看護を提供し、赤ちゃんが成長・発達を促せるよう優しい環境作りを行っています。また、赤ちゃんがNICU・GCUに入院する可能性がある妊婦さんとそのご主人を対象にした出生前訪問、安全管理のもと、親子の愛着形成を促すカンガルーケア、臨床心理士さんを交えた早産児を持つ親子の集い(おしゃべり会)なども積極的に取り入れています。産科病棟や地域の保健師さんと連携を図りながら、退院後も安心して過ごせるように、家族中心のケアを心がけています。

NICU

集中治療棟

ICU5床、CCU3床、平成19年5月中旬から併設されたHCU4床の計12床で構成されています。ICUでは全診療科を対象にした呼吸・循環系の全身管理、CCUでは心筋梗塞・狭心症・心不全などの疾患の患者様を、HCUではICU・CCU対象に準じる全診療科を医師や看護師、コメディカルと協働し早期回復を目指して働いています。

ICU

救急内視鏡部

当院は、二次救急体制を担っており、救急外来には歩いて来られる方から救急搬送までたくさんの患者さんが来院されます。年齢も新生児から高齢者まで幅広く、疾患もさまざまで知識や技術のスキルアップが図れ、いろいろな経験が積めます。看護師は、救命を最優先に考え、適切なトリアージの実施、診療・治療の介助、患者さんや家族への精神的サポートを行っています。
内視鏡部では、最先端をいく内視鏡的検査や治療の介助に就いています。忙しい日々ですが、スタッフ同士協力し合い、チーム医療の一員としてやりがいを感じながら楽しく働いています。学べる機会が多いので、一緒に働けるスタッフを待っています。

救急内視鏡部

手術室

手術室は病院2階にあり、バイオクリーンルームを含む9部屋あります。  
スタッフは29名で手術は年々増加し、年間約6000件の手術を行っています。
日進月歩する医療現場の中、チーム医療の一員として医師や他の医療スタッフと協働しています。

手術室

持ち前の明るさと笑顔で完全と安心を第一に考え、安心して手術を受けていただけるよう日々努力しています。

手術室

ページの先頭へ移動