部門・チーム紹介

緩和ケアセンター

緩和ケアセンタースタッフ

従来の「緩和ケアチーム」の活動と、新たに「緩和ケア外来」を設け平成21年10月より「緩和ケアセンター」を開設しました。

がん治療をささえる緩和医療

全人的苦痛とは、身体的苦痛(痛み、他の身体症状、日常生活動作の支障)、精神的苦痛(不安、いらだち、うつ状態)、社会的苦痛(経済的な問題、仕事上の問題、家庭内の問題)、スピリチュアルな苦痛(生きる意味への問い、死への恐怖、自責の念)などをさします。これらを少しでも和らげるためのサポートを行います。

「緩和ケア」と聞くと、がんの終末期医療をイメージされていませんか。
緩和ケアとは、終末期だけでなくがん患者さんの身体的な苦痛や精神的な不安を少しでも和らげるためのサポートを行い、「がん」と診断されたその日から、並行して行われる医療です。

がん患者さんの不安や苦痛は様々です。患者さんのからだや心の様々な苦痛を取り除き、生活・生命の質の向上に努めるよう、緩和ケアチーム医療によりみんなで支えます。

当院における緩和ケアチーム

当院では、厚生労働省より「地域がん診療連携拠点病院」として認定を受け、がん治療の中核病院として様々な取り組みをしています。
その一環として、平成16年度より多職種からなる緩和ケアチームを結成し、それぞれの役割に応じた専門性を発揮し、緩和医療を行っています。

緩和ケアチームのチーム構成 患者さん・ご家族の全人的な苦痛の緩和のために、医師(麻酔科、精神科、外科系、内科系)、看護師(がん看護専門、がん性疼痛看護認定、がん化学療法認定、がん放射線療法看護認定、訪問・外来・緩和ケア認定)、MSW(医療ソーシャルワーカー)、管理栄養士、放射線技師、臨床心理士、薬剤師、作業療法士がチーム一丸となって対応します。

相談内容としては「がん性疼痛」が最も多く、続いて精神的なサポートや在宅医療への支援などとなっています。がん患者さんの、1~2割の方が早い時期から痛みを感じ、再発や病状の進行により痛みがあらわれる人は約7割になります。痛みをがまんしていると、不眠や食欲不振をまねき気力も低下します。
痛みをかかえながらの治療は大変です。痛みのない、いつもどおりの生活がおくれる状況で治療が行えることを患者さんとともにめざします。
また、在宅療養を希望する患者さんやご家族の希望に応えるため、地域医療機関と連携をはかり在宅でも充実した緩和ケアが行えるよう地域医療体制の整備を進めています。

緩和ケアチームへの依頼症例の円グラフ:疼痛緩和76%、精神的サポート12%、身体的症状11%、在宅支援1%

豊能二次医療圏(豊中市、池田市、吹田市、箕面市、豊能町、能勢町)のがん患者さんの在宅死の割合が高く約12%(大阪府内1位)となっています。
在宅で看取るのはむずかしいことですが、地域の先生と連携することにより実現することが可能です。

ページの先頭へ移動