市立豊中病院

診療科案内

糖尿病センター - 糖尿病とは?

糖尿病センター | 医療連携 | 糖尿病とは

自覚症状がないことによって放置され、病状が進み多くの恐ろしい合併症を引き起こす糖尿病。心筋梗塞や脳梗塞、眼底出血、腎不全になってから不幸にも受診されるケースが未だ後をたちません。
平成24年(2012年)糖尿病患者は950万人を超え、糖尿病予備軍(糖尿病の前段階状態で、実態調査では糖尿病の可能性が否定できない人を含みます。)と合わせると2,050万人と増加しています。

糖尿病とは?

糖尿病とは、エネルギー源であるブドウ糖を有効活用するホルモン(インスリン)が正常に作用しないため、血糖値が慢性的に高くなってしまうことをいいます。一度、糖尿病になってしまうと、治すことは困難です。
血液中の糖…血糖、血糖の濃度…血糖値

糖尿病のタイプ

1型糖尿病

膵臓が免疫異常などの原因でインスリンをほとんど(全く)作らなくなったためにおこる。

2型糖尿病
2型糖尿病

インスリンの分泌量の低下、作用の低下による。食生活や運動など生活習慣が大きくかかわっている。日本人の場合、95%以上が2型糖尿病。

妊娠糖尿病

胎盤から妊娠を順調に進めるため分泌されているホルモンにはインスリンの作用を弱める働きがある。妊娠をきっかけに発症する高血糖状態で、胎児と母体に悪影響を及ぼす。

平成28年度 糖尿病患者当院実績(入院)

1型 24名 /  2型・その他 322名,糖尿病昏睡 17名,低血糖27名

3大合併症

3大合併症

その他の合併症

動脈硬化(狭心症、心筋梗塞、脳卒中)・糖尿病性壊疽・認知症・歯周病

合併症を防ぐには

糖尿病は慢性疾患であり生涯つきあっていかなければなりません。
しかし、適切な血糖コントロールを続ければ、普通の人とほとんど変わらない生活ができます。

血糖コントロール(食事療法・運動療法・薬物療法)医師の指導に従って良好な血糖コントロールを!

ページの先頭へ移動